競売にかけられた朴槿恵の自宅が落札される 元大統領に、こんなひどい仕打ちをしてもいいのか! 

投稿者: | 2021年8月13日

今年(21年)3月、韓国の検察は、朴槿恵元大統領が判決確定後、罰金や追徴金を納めなかったことから、元大統領の自宅(ソウル市瑞草区内谷洞)を差し押さえ、競売にかけた。

この住宅は2008年に建築された。地上2階・地下1階の戸建て。土地面積は406㎡、建物は各階合わせて571㎡。往復8車線道路(献陵路)から100メートルほど奥に入った閑静な地にあり、裏側には九龍山へ続く山道がある。

韓国資産管理公社(KAMCO)公共資産処分システム「オンビッド」によると、朴元大統領の自宅は8月9~11日に行われた1回目の公売入札で落札された。

結果は、きのう(8月12日)午前11時半頃、発表された。

最低入札価格(鑑定価格)31億6554万ウォンだった。有効入札は3件。38億6400万ウォンで落札された。最低入札価格より6億9800万ウォンも高い価格だった。

保守系のネットチャンネル、カセヨン(縦横無尽研究所)も競売に参加し、最低入札価格より5億高い36億2000万ウォン(36億2199万9000ウォン)を提示したが、2位に甘んじ、落札できなかった。

カセヨン側は、この日(12日)午後7時からの放送でこの件に触れ、「元大統領の家を守れなかった」と悔いた。

誰が落札したのか?

カセヨン側は、「財力からして、朴槿恵大統領の親・姻戚で落札できるとすれば大統領の弟、朴志晩EG会長しかいない」と考え、本人に直接確認した。朴志晩の答えは「落札したのは自分でも、自分の知人でもない」というものだった。

誰が落札したのか、現時点では不明だ。しかし、もし朴元大統領の支援者や保守団体などが元大統領の家を守り、出所後に住めるようにしたのだとすれば、そのことを公表しているはず。

それがないということは、個人が投資目的で手に入れた可能性が高い。その場合は、もう朴槿恵氏がこの家に戻ることはないだろう。

カセヨンは、放送を通じて、落札した人に対し、「この住宅を元大統領に返す意思がないなら、放棄してほしい」と呼びかけた。1カ月内に落札者が放棄したなら、この住宅は2位のカセヨンの手に入る。カセヨンは保証金を出して、次順位申請をした。

1カ月後には登記が完了するため、誰が落札したか、明らかになる。カセヨンは、朴元大統領が釈放後、帰る家がないという事態にならないように、もしこの家が元大統領本人に戻る見込みがない場合は、今回集めた金で別の住宅を購入して、朴槿恵氏に提供するとしている。

じつは、今回、競売にかけられた住宅に朴槿恵氏は住んだことはない。この家は退任後に住むために用意されたものだった。しかし、2017年3月10日に弾劾され、同月31日に逮捕され、そのまま収監されたため、入居する間がなかったのだ。

2017年4月、朴槿恵氏は獄中から代理人を通して、元の自宅(ソウル市江南区三成洞)を65億6000万ウォンで売り、この家を28億ウォンで購入した。40億ウォン近い現金は顧問弁護士に預けた。裁判費用その他に使うためだったとみられる。

朴元大統領は21年1月、最高裁により、国政介入事件に関連し賄賂を受け取った容疑などで懲役20年、罰金と追徴金215億ウォンの判決が確定した。他の刑(セヌリ党公認に介入した件で懲役2年)を加えると、最終量刑は懲役22年になる。 刑期をすべて勤め上げたとしたら、2039年3月に出所する。そのとき彼女は満87歳だ。

もちろん元の住宅を売って捻出した現金など金融資産はすべて没収された。また、朴槿恵と李明博の両氏は、元大統領としての礼遇も、すべて剥奪されている。

大統領経験者は、年金として在任時の報酬の95%に当たる金額が支給される。朴元大統領の場合、2017年を基準にすると1200万ウォンほどだった。それから秘書官が3人充てがわれ、記念事業なども支援される。本人と家族のための警護や警備、交通・通信費、事務所の維持費、病院での治療費、運転手1人、そして没後、国立ソウル顕忠院での安置…。

しかし、在任中に弾劾されて退任したり、禁固以上の刑を受けたり、刑事処分を避けるために外国政府に助けを求めたり、韓国の国籍を喪失した場合は、礼遇を剥奪される。

なんということだろう…。在任中に弾劾され、大統領の座から引きずり降ろされたばかりか、長期にわたり牢屋に入れられ、財産もすべて奪われた。礼遇も剥奪され、拘置所がら出されたところで、支援者の情けにすがって生きるしかない、憐れな境遇! 

元大統領をここまでいじめ、辱めてもいいものだろうか! 

しかも、じつは朴槿恵大統領は何も悪いことはしていなかったのだ。

そのへんのことは、いずれ、稿を改めて説明したい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA