国民請願に上がった文在寅への上訴文「陛下、ご譲位なさいませ」

投稿者: | 2020年9月8日

青瓦台の国民請願サイトに、このごろ、王朝時代の上訴文を模した長文が上げられている。そのひとつを紹介しょう。文在寅政権の問題点をよく捉えており、痛烈な風刺の効いた、なかなかの文才を感じさせる内容だ。

請願内容

陛下、もうおやめになり、ご譲位なさいませ
https://www1.president.go.kr/petitions/592532

ご譲位なさいませ!

小臣(臣下)は先皇の廃位に心を痛める民でありましたが、それでも国を憂い、新しい皇帝の即位に是非とも聖君であらせられるますようにとの願いと共に成功を祈願し、陛下が標榜した「人が先だ」という旗幟にふさわしい新しい国家の誕生を切に祈っておりました。

「期待が大きければ失望も大きい」という言葉がこれほどまで符合するとは考えもしませんでしたが、約3年の歳月が流れた現在に至り、これまで小臣があれほど念願していた陛下の成功と聖君に対する期待を捨て、朝廷大臣たちと陛下に心よりお願い申し上げますので、文才のない女の文だと打ち捨てにならず、お納めくださいませ。

陛下! もうおやめになり、ご譲位なさいませ!

陛下の治績は朝廷大臣の治績でございます。臣下が君主をきちんと補佐できなかった罪の代価は死をもって償うべきですが、主君が臣下を誤って選び、国を乱し、民衆を苦しめ、疫病をはびこらせたとすれば、これもまた帝王の座に留まることはできないでしょう。 権力の核心である刑曹判書の曺国に対し、それが合理的な理性に立脚して熟慮したにもかかわらず「政権の不正」ではないと強弁したり、国政を運営する陛下自ら「心の借金」云々と曺国前曹判書が「闇の権力」を継続的に行使できるべく権力のメカニズムが作動するように幇助する行為が、君主として妥当なことか、問わざるを得ません。 果たして、国家のアイデンティティは何でしょう? 地方の儒者たちが立ち上がり、上訴文を奉ずるも陛下や朝廷の大臣たちは変化どころか、その悪行は天を突く有様、近ごろは医師と看護師を二分するまでに至りました。 慶尚道と全羅道を分かち、左右を分かち、医師と看護師を分かち、その次は何を分かちますか? 民衆を和合させ、階層間の異質感を統合しても外勢に対応するに足りないところなのに、核分裂で分かち、また分かちて、何をどうするお考えなのでしょう?

陛下自らそのような言行をしたとしても、それ自体が、一国の帝王としては問題があり、他方、陛下自らそのような非国法的な状況を知りながら、そのような言行をしたとしても、両者とも帝王としての資質なき行動でございます。 陛下自らが負う国政の重さを負担に感じるなら、自ら退かれても、陛下の死後の安危のためには当を得たものです。かつて多くの先皇が獄苦を経験したことに鑑みて、譲位を下賜するのが正しいようですので、ご諒察なさいませ。

最近、数カ月間、多くの階層から批判を受けてきたにもかかわらず、陛下は上記の発言を撤回したり遺憾を表明したことはございません。陛下の失策があまりに大きいからこそ、前大学訓長(教授)、陳重権が陛下と朝廷大臣たちに向かって厳しく批判いたし、その内容、つまり陛下に対する批判というより、権力の核心だった前刑曹判書(法相)曺国と、現刑曹判書、秋美愛に対する批判ですが、これもまた二人の人事を断行したのは陛下ご自身なのですから。刑曹を身勝手に行使し、罪のある朝廷大臣、陛下に追従する豪族はみな罪はないとし、反対派には鋭い刃を向ける秋美愛刑曹判書こそ、自分が閻魔大王にでもなったかのように振る舞っていますが、これもまた陛下の治績であります。

女の小臣から見てもこうなのに、儒学者たちが陛下と朝廷大臣を見たら何と言うでしょうか? 目があっても見ることを拒み、耳があっても聞くことを拒み、口があっても言うことを拒み、手があっても上奏文を奉ずるのを拒む当代の碩学たちが、嘆息ばかりもらしていることを陛下は、お分かりになりませんか?

この国と北国(北朝鮮)は厳然たる違いがあるのに、北国が危難に際した時に医師を差し出して北国に強制的に送るという法令は、一体この国の民のための法なのでしょうか? それとも北国の人民のための法律ですか? 北国に保健所を200カ所建て、直接、運営するということは、北国と統一し、統一国家の皇帝になるためですか? 北国の豚王が素直に皇帝の座を明け渡すという約束でもしましたか? それとも豚王が皇帝となり、陛下は皇帝の下の諸侯国の王として残ることを密約しましたか?

一時は中国の始皇帝の顔色を伺って疫病まで輸入して多くの民衆を殺し、経済が奈落の底に落ち、民を塗炭の苦しみに陥らせましたが、今、医師まで権力維持に利用しようとするのですか? 英才たちだけ選抜して育成する医師を、医師公営制を掲げて公共大学を作り、市民団体が新入生を推薦するとは、民の生命の尊さを知らない陛下と朝廷大臣は、一体どこの国の陛下、朝廷大臣なのでしょうか。民心が天心であるのに、民意に反して帝王の座に留まることを願いますか?

自由のない国家を夢見ているのでしょうか? それで全体主義国家として、千年万年、子々孫々に帝王の座を譲りたいのですか? それで、宗教の自由を逼迫し、私有財産の取得も逼迫するのですか? 民は無条件、貧乏であってこそ無駄口を叩かずについてくるという考えから、下降平準化をさせ、すべての企業を奪って国営企業体にしたいのですか? 疫病を口実に民の移動動線まで監視しようという試みは、移動の自由まで剥奪しようという意図ですか?

昔から君子は帝王学を勉強してはじめて帝王の資格が与えられると言われますが、陛下におかれましては帝王学を学ばれましたでしょうか? 帝王学には、民を天のように敬い、天機に逆らわなければ太平の世が到来し、民が疲れ果てなければ聖君ですが、聖君ではなく暴君であり、世宗ではなく燕山君でるのが陛下であらせられます。

ご諒察くださいませ。もう退きなさいませ!

民の心を失えば、帝王の寿命も終わりです。 民がいてこそ王もいるもの、民心を裏切った帝王は、最後は無傷ではいられなかったのをご覧になれなかったようですが、臣が懇願することは、玉体をきちんと保存せよということです。 盧武鉉先皇の前轍を踏まず、子々孫々、帝王になりたいという夢も捨ててくださいませ。 死ねば腐ってしまう体でも、盧武鉉先皇のように逝かれたなら、死んでは先祖にどう顔向けし、残された家族はまたどうなりますでしょう? 万民が自由を享受できる国である時、今、退きなさいませ。

西暦2020年9月3日
漢陽都城で、婦女の金氏

この請願は9月7日に始まり、10月7日に締め切られる予定。現在(8日午後6時)約6250人

「医師公営制を掲げて公共大学を作り、市民団体が新入生を推薦する」という部分を少し説明すると、最近、韓国では、公共医科大学の設立をはじめ、医科大学の定員拡大などをめぐり、政府の案に反対する専攻医ら(レジデント)がストライキをする事態になった。中でも、韓国政府が新設を進めている公共医科大学は、市民団体などの推薦によって無試験で入学できるため、特権層の子どもが簡単に医師になる道を開くだけでなく、実力のない医師を量産することになるとして専攻医らの猛反発を引き起こした。こうして量産された医師たちは韓国内の地方だけではなく、北朝鮮の各地にも派遣されることが検討されているという。

ところで、「進歩」とも言われる左派の政権下で、なぜ、このような王への上訴文が上げられ、国民の共感を呼んでいるのか?
文在寅政権と与党・共に民主党は独裁を強め、次第に中国共産党や北朝鮮労働党と似た体質に変化していっている。
韓国民は、それをリアルに感じている。また、韓国民の心の底に朝鮮時代の意識が流れていて、それが今の社会の状態によって掻き上げられて表出してきているのというふうにも考えられるだろう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。