対馬の人々を苦しめる「マナーの悪い韓国人」を韓国メディアが報じたのはいいのだが…

投稿者: | 2019年5月30日

日本エア野党の会の会員の方が見つけた韓国のニュース映像。さっそく翻訳してみました。

●JTBC
「密着カメラ」対馬、理由のある”韓国人立ち入り禁止”!?
記事入力2019.05.15.午後9:59 最終修正2019.05.15.午後11:29

[アンカー]
韓国観光客がたくさん訪れる対馬で、一部の店が韓国人観光客を最初から入れないようにしたことが問題になっています。「密着カメラ」が直接、行ってきました。しかし、ただ”嫌韓”と言って片付けるには、恥ずかしい場面があちこちで捉えられました。

チョン・ウォンソク記者です。

[記者]
対馬の中心街、厳原です。ここでは”韓国人は受け入れない”という店の告知をよく見かけます。これからその理由を調べてみましょう。

韓国の放送局から出たと告げると、手を横に振られました。それでも、話を聞いてみると、韓国人観光客にへの不満が溢れてきました。

(韓国人立ち入り禁止の店)
「サービスしてくれって。サービス、サービス! 負けて、ディスカウント! 韓国人だけで来て、女の取り合いになって男2人がケンカをしました」

近く別の居酒屋は、日本語ができないという理由で韓国人を拒否しています。

(近くの別の居酒屋)
「日本語がわからなければお断りしています。開業して2年半くらいになりましたが、まず地元のお客様に集中したいと思っています。

韓国人観光客の反発も大きいです。

(韓国人観光客)
「韓国人出入り禁止と書かれていたね。2年前にもこういうのを見ました。不快です。店に入ろうとすると、歓迎されず、(店の人は)聞き取れないふりをして、じっとしています」

しかし、一部の韓国人の秩序意識の欠如を批判する声もあります。

(韓国人が運営する店)
お酒も持ってくるし、味噌やコチュジャンまで持ってくる。帰った後は、空き瓶やキムチ、味噌、その他でゴミ捨て場にしてしまっている場合が多いです」

対馬も名所、和多都美神社。願いを書いた木の板をかけておくところに、韓国の名前が刻まれています。

灯台のある展望台の近くにはハングルの落書きがたくさんあります。

店の前に捨てられた吸い殻は大部分、韓国のタバコ。塀の石の間に差し込んだものもあります。

(住民)
「あのラーメン屋には長い列ができるんです。それで、(韓国人たちが)この周りに座って、あの上にも座って、タバコを吸っていたのではないでしょうか?」

増えている韓国人の釣り旅行客も、現地では問題です。

私が立っているこの堤防は、日本でも屈指のイカ釣りの名所です。最近は、韓国からもここに釣りにたくさん来ているそうです。

ところが、私の部屋の入り口には、このように赤い字で大きく”韓国人立ち入り禁止”と書いてあります。

村の公式の立場ではないそうですが、
(村の役員)
「国民性が違うから仕方ないでしょう。習慣も違うし。そういう人(地元の住民で韓国人を嫌っている人)もいるかもしれません。誰かが書いたんでしょう」

住民の不満は、依然としてあります。

(住民)
「庭に勝手に入ってきて花を見たり、しょっちゅう家の中に入ってきます。なぜなのか疑問でしたが、韓国では普通のことなのかと思ったりしています」

近隣の別の漁村にも、韓国語が書かれたゴミが散らばっています。

(漁村の住民)
ゴミを落としたことに気づかなかったのではないでしょうか? いや、違う。量が多すぎる。(容器の)ふたもご飯もみんな捨てています」

日本100大海辺(日本の美しい海辺100選)に選ばれた三宇田海水浴場。

美しい風景とは異なり、砂浜はゴミでいっぱいです。韓国と面している海辺が深刻です。

海辺にゴミがたくさんありますが、ほとんど、このように韓国語が書かれています。

このような網や漁具などを見ると、韓国の漁船から捨てられたゴミが潮流に乗って対馬に流れ込んでいるとと推定されます。

海岸のゴミは周辺の漁村の人々が交代で片付けていますが、住民70人で、半日で200tを回収しました。

(住民)
(回収するために持ってきた)袋が少なかったので、回収したのはこれだけですが、本来、この2、3倍になります。すごいゴミです。ウニやアワビ、サザエに発泡スチロールが入ってしまい、漁獲量が減りました」

現地の釣り人がよく訪れる埠頭です。ここには、捨てられたパック焼酒、タバコの箱、ペットボトル、そしてここには弁当のゴミまで隠されていました。

対馬のいたるところに捨てられたゴミから、韓国人の痕跡が容易に見つかります。

日本に対する健全な批判は必要ですが、基本的なマナーは守らなければなりません。

「密着カメラ」のチョン・ウォンソクでした。

(終わり)

韓国人のマナーの悪さは日本でも、いや、世界的に有名なので今、ことさら、それを論じようとは思いません。(おそらく対馬の実態は、この報道内容よりもひどい)

ぼくが、このニュースでまず感じたのは、村の役員という方のいかにも日本的な、遠慮がちの、摩擦を避ける態度。

「国民性が違うから仕方ないでしょう」って、最初からあきらめていてはダメでしょう!

「そういう人(地元の住民で韓国人を嫌っている人)もいるかもしれません。誰かが書いたんでしょう」って、まったく他人事みたい。

この若い男の韓国人記者に対しては、もっと強く「マナーの悪い韓国人旅行客に地元の住民は大いに迷惑しています。改めていただけるようしっかり報道してください」って、はっきり言わないと。

それから、「庭に勝手に入ってきて花を見たり、しょっちゅう家の中に入ってきます。なぜ…」と困惑していらっしゃる声がありますが、これは、日本が特別だから。日本は民度が高く、みんながきちんと他人に配慮して暮らすのが当たり前になっているので、家の周りに塀をめぐらさなかったり、めぐらせてもすぐ乗り越えられる簡便なもので大丈夫なのです。日本ではこれが普通。

しかし、韓国ではそれだと、どんどん他人が入ってくるので、もっとずっと高くて頑丈なものにし、さらに塀の上に有刺鉄線を張りめぐらせたり、もっと原始的は方法としては焼酎の小瓶を割って、その鋭い欠片を塀の上にセメントで固定して、人がふれたら大けがをするように工夫したりしているのです。韓国ではこれが普通なのですよ。

もちろん「勝手に入ってくる人々」の目的は、おとなしく花をながめることだけではありません。

空き巣、強盗、婦女暴行…。

治安の悪さは日本の比ではありません。

まず、このへんの「基礎知識」から、日本のみなさまによく知ってほしいものであります。

それから、記者のこの締めの部分、「日本に対する健全な批判は必要ですが、基本的なマナーは守らなければなりません」。後半の「基本的なマナー~」の部分だけで充分。日本に対する批判(実態は侮辱、言いがかり)のほとんどすべてが「健全な批判」じゃないから!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA